筋トレは冷え性を改善するのに効果的

まず、大人の冷え性の原因を知りましょう。

 

大人の冷え性の原因は、主に新陳代謝の低下と運動不足による血行不良が原因となりますが、過剰なダイエットや更年期障害による自律神経の乱れが原因になる場合もあります。

 

ここでは、特に原因として多い新陳代謝の低下と血行不良にスポットを当てて考えてみましょう。
新陳代謝は年齢の増加と共に低下します。また、仕事や家事に追われる事で適度な運動ができずに、筋肉の柔軟性も衰え、血液を循環する能力も低下する事で手足が冷たく感じてしまう事が多くなります。

 

そのため、就寝時など人によっては眠りにつきにくく感じたり、眠りが浅く感じてしまう事もあります。年齢による冷え性を改善するためには、まず最初に血液循環を良くする事が大切です。

 

子供の冷え性の原因は大人とは違うのか

 

大人と子供での冷え性になる原因の違いは、自律神経の乱れが主になるという点です。

 

子供の場合では、特に学校で適度に運動する機会もあり極端な新陳代謝の低下は考えにくく、多くの場合では学校での社会的ストレスや生活環境に原因があるとされています。

 

特にゲームをする環境が整っている事で、外で遊ぶ事が少なくなりストレスを発散する場所が、無くなっていく事も原因の1つです。

 

子供の場合は、多感な時期があり何がストレスとなっているのか自分自身で把握できない場合があります。

 

また、そのような時期は自律神経の乱れが多くなりイライラ感や冷え性などを訴える事も多くなります。

 

冷え性改善するために筋トレをしよう

 

子供の場合は、あまり無理強いをせずに楽しく身体を動かすという前提で筋トレメニューを組むようにしましょう。

 

大人の場合であれば、楽しむというよりも筋トレと健康維持の関係性を理解しつつ、適度な筋肉をつけるため、筋トレメニューを組む事が大切です。

 

人によって改善するまでの期間は異なりますが、一ヶ月ほどで身体の温まり方に変化がおき、冷え性の改善効果を実感する事ができます。

 

冷え性を改善しながら効率的にダイエット

 

女性の場合は、特に冷え性になりやすく身体が冷える事でダイエット効果にも影響が起きます。

 

そこで、筋トレをダイエット期間中に取り入れる事で筋肉を適度に刺激し、エネルギーを効率的に燃やす事で、冷え性とダイエットの両方に効果を感じる事ができます。全身の筋トレメニューではなくても、腹筋や背筋など最初は部分的な筋トレメニューでも効果的です。

 

※食事制限も大切ですが、極端な食事内容ではなく、健康を第一に考えたダイエットを行いましょう。

 

筋トレと健康を考えた身体作り

 

健康を考えた上で筋トレを取り入れるのであれば、どの程度の負荷が最適か知る必要があります。

 

一般的には、健康増進目的で筋トレを取り入れる場合は、筋肉をどの程度鍛えるかによって異なります。

 

例えば、脂肪が多く健康の為にも筋トレを行いたい方は、筋肉の衰えが著しいという点を考慮する必要があります。そのため、最初は軽めの負荷で腹筋などの筋トレをしましょう。

 

※あまりにも強い負荷をかける事は関節や靭帯への負担が強くなり関節炎や身体損傷に繋がる事があります。