プロテインの飲み過ぎは肝臓を痛める?問題点と解決方法とは

プロテインを飲んでいる方といえば、健康意識が高く、日頃から、トレーニングや食事管理など徹底されていることが多いと思います。

 

自分も、自他ともに認める健康オタクです。
仕事帰りにトレーニングジムに通い、自分用のメニューをこなし、トレーナーさんに言われた通りにトレーニング後と就寝前にはプロテインを飲んでいます。
そんな中、最近気になる噂話を聞きました。

 

なんと、“プロテインを飲むと肝臓を痛める”とのこと。
健康オタクとしてこれは詳しく調べなければ!と思い、今回は“プロテインの肝臓への影響”について調べてみました。

 

肝臓の働きとは

まず、肝臓が普段どんな働きをしているかを知っておきたいと思います。
肝臓というのは、人体の中で最も大きい器官です。

 

肝臓の主な働きの一つ、それが「摂取したタンパク質を人体で使える形に変える」ことです。

 

人間は食品からタンパク質を摂取します。
ただ、タンパク質はそのままの形では筋肉や内臓で使うことができません。
腸内でアミノ酸に分解されたものが、肝臓に運ばれ、利用できる形に変えられて全身に運ばれているのです。

 

また、腸内でタンパク質を分解する際に発生する有害物質アンモニアを、無害な尿素に変えて腎臓へと送っています。

 

このように、肝臓には「有害物質の解毒」という働きもあるのです。
特に有名なのがアルコールですね。

 

つまり、タンパク質を摂りすぎるとそれだけ肝臓に負荷がかかり、機能が低下してしまう、ということなんですね。
しかも肝機能の低下は自覚症状がなく、気付いた時には重症になっていることが多いとのこと。

 

それは絶対に避けたい!!健康オタクとしては、特に!

 

ただ、それはあくまで摂り過ぎた場合の話です。
本来、プロテイン自体は上質なタンパク質であり、副作用というものはありません。

 

では、どれくらいの量を摂取するのが理想的なのでしょうか?

 

人間に必要なたんぱく質の量とは

人間に必要なタンパク質一日の摂取量は、体重1キロ×1.08から2.0gと言われています。
一日の過ごし方や、トレーニングの強度によって異なりますが、これが×2.0gを超えると危険です。

 

だいたい人は一日の食事で食品からタンパク質を70〜80g摂取しているようです。
これも食事内容により大きく変わりますが、毎日3食バランスよく食事していればこれくらいの量は摂取できるとのことです。

 

一日に必要なタンパク質の摂取量(g) − 食事によって摂取したタンパク質の量(g) ⇒ この部分をプロテインで補うのが最適なのです。
その日の食事内容や、トレーニングメニューを考慮しながら本当に必要なタンパク質量をプロテインで摂ること、これが何より大切であると言えます。

 

日頃のトレーニングに加えて、栄養面にも気を付けることにより、内面から健康的で本当に美しい身体を手に入れましょう!