スクワットがダイエットに効果がある理由とは

筋トレにはその名の通り腹筋を鍛える“腹筋”や上半身を鍛える“ベンチプレス”下背部を鍛える“デッドリフト”など様々な部位を鍛えるトレーニング方法があります。
その中でもダイエットに非常に効果があるとされている“スクワット”
この記事を読んでいるあなたがもしもダイエットに取り組んでいるのであれば、是非スクワットを取り入れてほしいのです。
なぜスクワットがダイエットに効果的なのでしょうか?

 

▽ダイエットに効果的なスクワットの謎

お腹が出てきたから腹筋を鍛えてスリムになりたいなぁ。よし、腹筋をしよう!

 

その判断、ちょっと待って下さい!

 

確かに腹筋を鍛える事によってお腹は引き締まります。
しかし、ついてしまった贅肉がすぐに落ちていく……ワケではないのです。
腹筋の周辺にある皮下脂肪は非常に落ちづらく、女性は特に皮下脂肪が男性に比べ多いので“下半身が痩せない……”と悩む女性は後を耐えません。
実はその皮下脂肪を落とそうと筋トレをするのであれば“腹筋”をするよりも“スクワット”をした方が効率よく皮下脂肪を落としていく事ができるのです!

 

Qそもそもスクワットって何?

上半身を立てたままひざの屈伸運動を行い、下半身の筋肉を鍛えるトレーニング方法の1つです。

 

人間の筋肉は上半身3:7下半身で構成されていると言われています。
筋肉は刺激すればするほど体温も上がるので代謝がよくなり、脂肪を蓄積させにくくなります。
そして代謝が上がると、特に何もしていない状態の時もより多くのカロリーが消費されるようになります。
つまり、身体の多くの筋肉が下半身にあり、その下半身を刺激し代謝を上げる事で太りにくい身体を作り上げる事ができるのです。
更に、大きな筋肉である下半身を刺激する事によって、ホルモンの分泌が多くなります。
特にそのホルモンの中でも脂肪燃焼を促進してくれる“成長ホルモン”が分泌されるので、とてもダイエットの助けになるのです。

 

Qスクワットをしていたらどんどん足は太くなるのでは?

そんなことはありません!
確かにめちゃくちゃにハードなスクワットを毎日やり続けるとムキムキになる事もできるのですが、ダイエットを目的としてお家で行うスクワット程度では引き締まる事はあってもムキムキに太くなるという事はなかなか無いのです。
ただし、筋トレをする事で乳酸が溜まりむくんでしまう事があります。
ですがその太く見える原因の“むくみ”も、筋トレをして時間が経つと元に戻る、むしろスクワットのおかげでスリムになっているはずなので心配ありません!

 

A.スクワットをダイエットに取り入れてみましょう!

 

“腹筋”ばかりをやるよりも“スクワット”を取り入れた方がダイエット効果があります。
もしダイエットをする際に筋トレを取り入れるのであれば、まずは“スクワット”からトライしてみましょう!